今まで有難うございました!

後悔すると思うから、今の気持ちを整理するために書き留めます

 

この年になって1年8ヶ月というのは決して短くはないと思います

暑い日も寒い日も、疲れている日も、

励まし合いお互いに労い、心配もし、

ときには、おどけてみたり…

普通の家族や夫婦以上に優しい気持ちで接した人でした

 

そこがメールの落し穴、メールだと何でも言えるんだと不信に思いました

私たちの場合は、お互いが善人であり続けたことに問題があったのかな

 

責任ある仕事をする男らしい人、

良き夫であり良き父親であり、お爺ちゃんでもありました

ほとんどが仕事のことで、何でも一生懸命する人で尊敬もしていました

それなのに、

あの日、忘れもしない7月27日の朝、

いつものメールが1分違いで2本入りました

1つめ目は、可愛い○チャンおはようです

というメールが…

2つ目は、私へのいつものおはようメールでした

驚いたの何のって、

このメールの違いに唖然‼

メールを返すのも忘れて、イヤ、返す必要もないのか?

と思考が停止してしまい、

とりあえず、驚いた!と返しました

いつもメル友は私だけで、メールがうれしいといっていたはず…

なのに、可愛い○チャンと呼べる女性がいた?…

本人も気づいたのか、

「従姉のメールを間違えた」

と言い訳のメールが来ました

お昼に「私は卒業ですかね」

と送ると、

「ごめんなさい、

あなたと長く付き合いたいから、よろしく」

みたいな文章がきました

が、

メールなんてする気もおこらず、眠ってしまいました

彼からもメールは、来ませんでした

翌日の朝も…

後味が悪いままです

 

 貴方のかすれた声、髭の伸びた顔、

ケンケンみたいな笑い方(笑)

たくましい腕やスリムな体…

いつまでも記憶に残るのかな

入院先での初対面、現場での差し入れ、

ルミナリエ、蛍、昼食のお誘い、

夕飯の炒飯や初孫ちゃんの写メなど

病気で手が動かなくなっても、

リハビリをして私をお姫様だっこするのが目標だと言ってましたね(笑)

楽しい話が一杯あります

良い思い出は尽きないです

 

「私が一人になって、寂しくて辛いとき、

あなたのメールが支えになり、何度も助けられました

今まで有難うございました!

これからも体を大事にお仕事してくださいね

いつも同じメールでこめんなさい

これなら、どこで会っても、

声をかけられると思うんだ(笑)」…送信

 

「メール、有難う!

ごめんなさい

私もあなたに助けられたことありました

本当にありがとう

私よりいい人とめぐり会い

幸せになることを祈ります」…受信

 

 私、きっと、しあわせになります


f:id:wishhappiness:20170728232304j:image

 貴方から送られてきた

円月島からの夕日の写真です

 

 

 

 

 

 

精密検査が必要です(-_-;)

5月に入って下腹が重だるくなり、婦人科を受診しました

痒みは無いのに帯下があり、調子が悪くなったからです

血液検査の結果が出るまでの1週間、感染症ではないかと悩み、うつされたのかもと疑ってしまいましたm(_ _)m

結果は閉経前のホルモンバランスの崩れからくる免疫力低下による「細菌性膣炎」と診断されました

一安心したものの抗生剤やホルモン剤を服用しても、なかなか完治せず、重い感じは続き…

2週間後の診察時、女医にホルモン剤を服用することでリスクも上がるから、ガン検診をするようにと促されました

血液検査で炎症があると高くなるCRPの数値が上がっていたからでした

不安になったので、すぐ乳ガン検診を予約しました

触診は、大丈夫なようで、次週にマンモグラフィの予約をして帰りました

マンモグラフィも問題なく終わりました

そして、その1週間後に検診の結果が届きました

 

精密検査が必要です

すみやかに受診してください

 

え、両方の乳房に疑いが?

再検査?

万が一、悪い結果だと、どうしよう?

だんだんマイナス思考になっていき、

結果は言わない方がいいのかな?

もう、会わない方がいいのかも…

 

でも、そんな私に彼は、

変な心配しないで、ちゃんと診てもらいなさいよ!

多分、大丈夫と思うけど…

どっちにしても、結果は言ってよ!

自分一人で背負うことないから…

と朝に仕事場から電話をくれました

 

有難う!(T-T)

そうだよね、診てもらってからだよね

勇気をもらって家を出ました

 

乳腺外来で、再度違った角度からのマンモグラフィを受けました

先生は、指差しながら、ここです…

あるとは言ってないですよ、

あるかもわからないから、

エコーもしましょう!

逃げ出したいくらい怖かったけど、

先生は、念入りに診てくれました

ピピッと鳴って、エコー検査が終り、

「問題ありませんでした!」

と言われたときには、泣き出しそうでした

何度も、「有難うございました」と言って診察室を出ました

 

 「なんてビビりようだ」と言われましたが、

谷底に落とされた気持ちは、同じ境遇を味わったものしか、わかりませんよね

後から読んだのですが、ホルモンの状態で見方も変わるそうです

そういえば、確かに私もおっぱいが生理前みたいに張っていましたし、ホルモン剤もちょっと前まで服用していました

これからは、ちゃんと定期的に検診を受けようと思いました

 

まだまだ、婦人科も完治してないし、ホルモンバランスの崩れからなのか、突発性の発疹もボツポツ出てきて痒いし…

更年期の女性の身体は、心とは裏腹に

思い通りには、いかないものです

 


f:id:wishhappiness:20170713213819j:image

 

 映画「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」の帰りに食べた 英國屋さんのパフェ!

映画もバフェも最高でした♪

 

 

 

 

 

 

神戸元町南京町は賑やかでした♪

GWも仕事だったけど、友人に誘われて、週末に元町南京町に遊びに行きました

大丸を過ぎると長安門がビルの合間に立っていて、一歩足を踏み入れると揚げものの匂いが漂って食欲をそそります


f:id:wishhappiness:20170701021131j:image

小雨が降っていたけど、お昼頃なので、

人でごった返していて、いくつもあるお店の前は列になっています


f:id:wishhappiness:20170701021509j:image

どこが美味しいのかも分からないまま、店を眺めて歩いてぶらぶらしていると…

大きな声のお姉さんのお店で肉まんを2つ買いました

少し待つと容器に入れたあつあつを手渡され、雨を避けながら路地裏へ!?

大きい角煮が入っていて、とても美味♪

やっぱり、お腹が空いてきて、ちゃんと食べようと思い、

飲茶セットの看板につられて「鹿鳴館」というお店に入り、席につきました (980円くらいだった)


f:id:wishhappiness:20170701025215j:image

f:id:wishhappiness:20170701025249j:image

蒸しもの、揚げもの、ラーメンが次々に出てきました

けっこう食べました、満腹です♪

雨も本降りになってきたので、

お土産を買おうとお店に入り、小さな月餅の6個入りを買いました!(600円くらい)


f:id:wishhappiness:20170701024335j:image

 

私たちは三宮から電車に乗り、新開地駅に行きました

今夜はサンルートソプラ神戸アネッサに泊まります

まず目についたのは、ブリザードの薔薇の花々でした

ロビーの壁一面に飾られていて、とても綺麗なホテルでした



f:id:wishhappiness:20170701032936j:image

チェックインしてから、荷物を置いて、

夕食を食べに駅に戻りました

地下街は、たくさんのお店が連なり

居酒屋「海鮮丸」に入りました

そこでカウンター席に座り、

まずは、お酒で乾杯♪

美味しいお刺身を頂きました!

店の中は混んでいて賑やかだったけど、

二人でゆっくりお料理を堪能しました♪

 

ホテルに戻ると食堂の前にトリップコーヒーが自由に飲めるようになっていて、部屋に持ち込みました

11階(だと思う)の部屋は広くて、大きめのシングルベッドが2つあり、厚さが16ミリくらいあり快適な寝心地です

TVを見ながらベッドでゴロゴロしてました

お風呂は斜めに配置され、トイレとは別なので過ごしやすかったです

 

翌日は早めに起きたので、ゆっくり着替え、1階に降り、朝食バイキングを頂きました


f:id:wishhappiness:20170701031829j:image

 


お昼からは梅田のステーションシネマで、

ワイルド・スピード」を見て帰りました♪

 

 

 

 

 

 

 

蛍、見てきました!


f:id:wishhappiness:20170607234948j:image

6月に入って、暑さが少し和らぎましたね

蛍が出だしたよ~

と言う連絡があり、さっそく出掛けました

今では山間の綺麗な小川でしか見れないようですが、あちこちで聞くようになりました

 

車で30分程河内長野方面へ走り、金剛寺の横の旧道を抜けると街灯もまばらな山道へ

車を降りると蛙の鳴き声がひびく静かな田園風景でした

小道を降りて行くと橋があり、見下ろすと川の草むらに小さな光がふわふわ揺れていました

6月の夜は、昼間と違ってひんやりとした空気が流れて気持ちよく感じました

小川に降りると光の数がどこからか湧いてきて、さっきより数が増えてきました

ゆらゆらとあちこちで、明るく光っては消えます

そっと手を伸ばしたら、届きそつなところまで近づいてきます

私たちはこの静けさを邪魔しないように

眺めていました

 

蛍は一週間ほど梅雨入り前に現れるそうですが、みることができて最高でした

 

△△さん、教えてくれて有難うございます!

 

 

毎日、仕事してるだけで終わってる…

週末の休みがあるのに、することが溜まっていて、やっと布団を干したと思ったら、連日25℃を超える暑さがやって来た…

衣替えもして、タンスにゴンも入れないといけないなぁ…

この分だと梅雨もあっという間に来て、押し入れの除湿もしとかなきゃね~^_^;

することに追われて、どんどん月日が過ぎて行く感じ…

月に一度の約束の日も楽しみのはずなのに…

 

人混みは好きじゃないけど、待ち合せするのは、いつも二人の中間地点で街中の百貨店

いつも先に見つけるのは私…

見つけても嬉しそうな顔をしないで、すぐに歩きだす(私、遅れてないのに…)

はぐれそうになるから、腕を捕まえるけど、何かに気をとられていると手が離れてしまう…

お花見のときも映画館でも美術館や博物館にいても見失う…

あなたは興味があるものだけ見てるから、

どんどんスピードが加速する…

私は追い付けなくて迷子になる…

だから、すねてみたくなる…

私と来てるの忘れてない?

色んなところに出掛けるけど、私と来なくてもいいんじゃないかって…

ときたま、いないのがわかると待っててくれてるけど…

それが、あなたの望む私の定位置なら、

どこまでもついていくよ

あなたは、ついてきてほしいのかな?

どこまでついていけば、あなたの(気持ちの)となりを歩けるのかな?

長く一緒に居たい!

(ずっと‥ではないんだね笑)

と書いてあった手紙に偽りはないと思う

本当の意味で一緒に居られるのは、

いつになるのかな?

いつまで、こうしていられるのかな?

 

 隠者のランプで私の足元を照らしてほしい

 


f:id:wishhappiness:20170509180714j:image

去年10月、出雲旅行の途中、

立ち寄った境港で食べた海鮮丼です

 

 

 

バスに乗って吉野へお花見♪

ツアーのバスに乗って、吉野の千本桜を見てきました

梅田から3時間弱で吉野に到着しました

ちょうど、お昼前なので、桜寿司弁当を食べ腹ごしらえしてから、ゆっくり山道に入りました

f:id:wishhappiness:20170416140441j:image

下千本当たりも、五分咲きというので、

まず、蔵王堂を目指しました

歩いて行くと黒門があり、とても古いものらしく、参拝者のお札がたくさん貼られていました

上り坂を登ると銅の鳥居があり、存在感があります

仁王門をくぐると蔵王堂がありました

ここも古い木造建築です


f:id:wishhappiness:20170416133026j:image

向かって左側に下り階段があり、近くの東南院(と思う)の塔が桜といい感じなのでカメラに収めました


f:id:wishhappiness:20170416133048j:image

そこから脇道を通ると鳥居の下に出てきたので、お店を眺めながら歩きました

途中でおばあちゃんが売っていた熱々の焼き(草)餅を食べました

焼き栗や焼き筍、鮎(かな?)の塩焼きなど、山と思えないくらい色んな店と人で賑わっていました

橋のところなら脇道に入り、桜の木の中へ…

ソメイヨシノが、まだ、咲き足りないので、辺りが桃色に染まるのは、ちょうど今週かな?


f:id:wishhappiness:20170416133122j:image

f:id:wishhappiness:20170416133146j:image

向こうの山も本当ならピンク一色に色づくようだけど、ちょっと早かったですね(>_<)

 

この後、ツアーバス奈良公園近くの氷室神社へ…


f:id:wishhappiness:20170416133222j:image

ここは古い枝垂れ桜が有名だけど、散り始めていました…残念だな

 

追伸

奈良に行く途中、車窓から見たのですが、

佐保川沿いに桜並木がずっと続いていて、

桜が満開で、黄色い菜の花(に見えた)との色合いが抜群に綺麗でした

いつか、二人で歩いてみたいです

 

長浜界隈が面白い…私のオススメ

長浜駅まで足をのばしました

ちょうどお昼になっていたので、田舎風な佇まいのそば八さんに入りました

f:id:wishhappiness:20170331234748j:image

蕎麦と天丼のセットを食べ、そば湯が出されたので、いただくと熱っつ~い!

(叫んだけど) 蕎麦の香りがほんのりしました

私たちは、お腹がいっぱいになったので、さっそく見て歩きました

 

まず、黒壁ガラス館に入りました

f:id:wishhappiness:20170331235940j:image

ここは、明治時代に建てられた銀行だったそうで情緒のある建物です

中は綺麗な色とりどりのグラスやアクセサリーなどのガラス作品が並べられています

人で混んでいるので要注意です

f:id:wishhappiness:20170401000020j:image


f:id:wishhappiness:20170401010012j:image

 

すぐ近くに、オルゴール館がありました

ユニークなものアンティークなものがいっぱいありました

この建物が素敵です
f:id:wishhappiness:20170401000237j:image

少し歩くと時代劇に出てきそうな茶店があり、蓬生麩とお茶を頂き、ちょっと一腹です

f:id:wishhappiness:20170401001156j:image

 

しばらく歩いていくと大通寺の大きな門が見えてきました


f:id:wishhappiness:20170401005227j:image

通称あせび寺といわれるそうで、あせび展が開かれていました

参拝後、道を戻りながら、まち家横町をぶらぶらしていると、等身大のケンシロウにお出迎えされ海洋堂フィギュアミュージアムに入りました

アニメや動物、恐竜、懐かしいお菓子のおまけ、子どもが夢中になって集めたボケモンのキャップもありました

仮面ライダー系が見当たらなかったような…

 

また、少し歩くと、凹凸堂さんがあります

私の一番のお気に入りのお店です

f:id:wishhappiness:20170401002317j:image

店内は、たくさんの天然石やビーズで作られたアクセサリーが並べられていてリーズナブルで驚きました

また、歩いてると小腹が空いたので、芋平さんでお芋のきんつばを買って、頬張りながら歩きました

f:id:wishhappiness:20170401002659j:image

お芋の餡がたっぷりつまっていて、甘すぎず

とても美味しかったです

 

 そこから南へボテボテ歩き、ガス燈や明治時代の風情のある街並を通り、成田美術館に入りました

ちょうど、ガラス工芸作家のルネ・ラリックの作品が展示されていました

スカラベがモチーフになったガラスの坪や技工な細工の香水瓶がありました

 

それから長浜駅の方へ向って歩き、

長浜鉄道スクエアに入りました

ここは、日本最古の駅舎なのだそうです

蒸気機関車が展示されていました


f:id:wishhappiness:20170401003737j:image

 

 すでに夕方になって、風も冷たく冷えてきました

気の向くままに散策してきましたが、まだまだ見ていないところや食べていないものがあります

もう一度、ゆっくり時間をかけて来たいなと思いました