読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスに乗って吉野へお花見♪

ツアーのバスに乗って、吉野の千本桜を見てきました

梅田から3時間弱で吉野に到着しました

ちょうど、お昼前なので、桜寿司弁当を食べ腹ごしらえしてから、ゆっくり山道に入りました

f:id:wishhappiness:20170416140441j:image

下千本当たりも、五分咲きというので、

まず、蔵王堂を目指しました

歩いて行くと黒門があり、とても古いものらしく、参拝者のお札がたくさん貼られていました

上り坂を登ると銅の鳥居があり、存在感があります

仁王門をくぐると蔵王堂がありました

ここも古い木造建築です


f:id:wishhappiness:20170416133026j:image

向かって左側に下り階段があり、近くの東南院(と思う)の塔が桜といい感じなのでカメラに収めました


f:id:wishhappiness:20170416133048j:image

そこから脇道を通ると鳥居の下に出てきたので、お店を眺めながら歩きました

途中でおばあちゃんが売っていた熱々の焼き(草)餅を食べました

焼き栗や焼き筍、鮎(かな?)の塩焼きなど、山と思えないくらい色んな店と人で賑わっていました

橋のところなら脇道に入り、桜の木の中へ…

ソメイヨシノが、まだ、咲き足りないので、辺りが桃色に染まるのは、ちょうど今週かな?


f:id:wishhappiness:20170416133122j:image

f:id:wishhappiness:20170416133146j:image

向こうの山も本当ならピンク一色に色づくようだけど、ちょっと早かったですね(>_<)

 

この後、ツアーバス奈良公園近くの氷室神社へ…


f:id:wishhappiness:20170416133222j:image

ここは古い枝垂れ桜が有名だけど、散り始めていました…残念だな

 

追伸

奈良に行く途中、車窓から見たのですが、

佐保川沿いに桜並木がずっと続いていて、

桜が満開で、黄色い菜の花(に見えた)との色合いが抜群に綺麗でした

いつか、二人で歩いてみたいです

 

長浜界隈が面白い…私のオススメ

長浜駅まで足をのばしました

ちょうどお昼になっていたので、田舎風な佇まいのそば八さんに入りました

f:id:wishhappiness:20170331234748j:image

蕎麦と天丼のセットを食べ、そば湯が出されたので、いただくと熱っつ~い!

(叫んだけど) 蕎麦の香りがほんのりしました

私たちは、お腹がいっぱいになったので、さっそく見て歩きました

 

まず、黒壁ガラス館に入りました

f:id:wishhappiness:20170331235940j:image

ここは、明治時代に建てられた銀行だったそうで情緒のある建物です

中は綺麗な色とりどりのグラスやアクセサリーなどのガラス作品が並べられています

人で混んでいるので要注意です

f:id:wishhappiness:20170401000020j:image


f:id:wishhappiness:20170401010012j:image

 

すぐ近くに、オルゴール館がありました

ユニークなものアンティークなものがいっぱいありました

この建物が素敵です
f:id:wishhappiness:20170401000237j:image

少し歩くと時代劇に出てきそうな茶店があり、蓬生麩とお茶を頂き、ちょっと一腹です

f:id:wishhappiness:20170401001156j:image

 

しばらく歩いていくと大通寺の大きな門が見えてきました


f:id:wishhappiness:20170401005227j:image

通称あせび寺といわれるそうで、あせび展が開かれていました

参拝後、道を戻りながら、まち家横町をぶらぶらしていると、等身大のケンシロウにお出迎えされ海洋堂フィギュアミュージアムに入りました

アニメや動物、恐竜、懐かしいお菓子のおまけ、子どもが夢中になって集めたボケモンのキャップもありました

仮面ライダー系が見当たらなかったような…

 

また、少し歩くと、凹凸堂さんがあります

私の一番のお気に入りのお店です

f:id:wishhappiness:20170401002317j:image

店内は、たくさんの天然石やビーズで作られたアクセサリーが並べられていてリーズナブルで驚きました

また、歩いてると小腹が空いたので、芋平さんでお芋のきんつばを買って、頬張りながら歩きました

f:id:wishhappiness:20170401002659j:image

お芋の餡がたっぷりつまっていて、甘すぎず

とても美味しかったです

 

 そこから南へボテボテ歩き、ガス燈や明治時代の風情のある街並を通り、成田美術館に入りました

ちょうど、ガラス工芸作家のルネ・ラリックの作品が展示されていました

スカラベがモチーフになったガラスの坪や技工な細工の香水瓶がありました

 

それから長浜駅の方へ向って歩き、

長浜鉄道スクエアに入りました

ここは、日本最古の駅舎なのだそうです

蒸気機関車が展示されていました


f:id:wishhappiness:20170401003737j:image

 

 すでに夕方になって、風も冷たく冷えてきました

気の向くままに散策してきましたが、まだまだ見ていないところや食べていないものがあります

もう一度、ゆっくり時間をかけて来たいなと思いました

 


 

 

 

 

おごと温泉旅行

待ちに待った温泉旅行です

 駅に着くとバスが迎えに来ていて、今夜は雄山荘というところで、露天風呂付きのお部屋に泊まります

里山の花の名前が並ぶ6階の山萩というお部屋でした


f:id:wishhappiness:20170325011125j:image

12畳もある和室にTVが1台、掘炬燵のある座敷にもTVがあり、食器棚や本棚、キッチンがついています

ガラス張りのドアを開けると檜の湯船、湯桶、椅子があり、琵琶湖が一望出来ました

 

私たちは、さっそく蒼天という和食ダイニングで夕食を頂きました

食前酒(梅)を飲み、ごま豆腐、赤魚西京焼、海老と鯛のしゃぶしゃぶ、近江牛のせいろ蒸し、合鴨の治部煮、茶そば寿司、菜種ミルクプリンと食べきれなほどの食事に舌つづみ…

私たちは、お腹いっぱいで、苦しいくらいでした


f:id:wishhappiness:20170325011305j:image

f:id:wishhappiness:20170325011359j:image

f:id:wishhappiness:20170325011433j:image

f:id:wishhappiness:20170325011501j:image

f:id:wishhappiness:20170325011850j:image

日が暮れはじめたので、お部屋のお風呂に湯を張り、ゆっくりと体を沈めました

今日一日、(長浜界隈を)歩いた疲れが癒されていきます

街に灯が点り始めると琵琶湖湖畔がくっきりと浮かびあがり、美しい夜景を眺めることが出来ました

流れて墜ちる湯の音を聴きながら、

なんて贅沢なんだろう…と思いました

隣で目を閉じて浸かっている友人にそっと…

有難う…と呟きました

 

 私たちは早朝6時から起きて、

1階の大浴場に行き、露天風呂にゆっくり入りました

そして、蒼天で豪勢な朝食を頂きました


f:id:wishhappiness:20170325013317j:image

 

自分に素直に生きたい

早春の京都から帰って、二人の距離が平行線のままだと思った

去年出会って直ぐ、手探りでも不透明でも前へ進もう、将来は一緒に住むのがベストだけど…とメールで言ってたのに

ギャラリーで、「友人」と紹介されたことで心がざわついた

いつも何処かに連れていってくれて楽しいけど、その先は約束してないね

まして、来年こうして一緒に歩いてるのかさえも分からないんだよね

将来がないのは寂しいよ

私はあなたの何なんだろう?

「どうしたらいいの?」

私とこれからどうしたいか、どうしようと思ってるかを言葉に出して言ってほしいんだよ!

加山雄三みたいに!    …爆笑ヾ(≧∀≦*)ノ〃

 

可笑しくて笑ってしまったけど、

発作的に、君といると幸せだ!

とか、離さないよ!…的な言葉を期待したのかも知れない

 

あなたは「古い人を知ってるね」と言って、ウケながらだったけど、

「これからも、ずっと二人で仲良く楽しもう!」

…だったかなぁ (肝心なところで笑って聞き取れなかったよ )

 

まぁ、これだけで今は十分だろうなぁ

 

 ドラマのなかで、結婚願望のある女性が、

どうして理想と違う人(結婚する気持ちがない人)と同棲してるのか?ときかれて、

頭ではわかってるけど、一緒にいたいからだと答えていた

きっと、

自分の今の気持ちに素直になってるんだ

 

でも、

いつかは大事な人って言ってもらいたいなぁ

 


f:id:wishhappiness:20170228202346j:image

 

 京都博物館の入口から

京都タワーと夕日がとても綺麗でした

週末は夜間も開いていました

 

 

世界遺産 二条城へ

この週末の京都は、寒さが緩まって

歩いていると暖かくて気持ちが良いです

私たちは、地下鉄で二条城へ行きました


f:id:wishhappiness:20170222162410j:image

 
f:id:wishhappiness:20170222162424j:image

初めて訪れて驚いたのは、すべてが、きらびやかなことです

修復された唐門(重文)は、とても色鮮やかな欄間飾りに圧倒されます

 

f:id:wishhappiness:20170222162544j:image

二の丸御殿(国宝)は、たくさんの大広間があり、それぞれの襖や障壁画には、虎、松、桜、鷹、牡丹などの絵が描かれていて、

豪華絢爛そのものです

廊下は歩くとキュッキュッと鳴くようにつくられ(鴬張り)ています

当時さながらに豪華な風情を残す二条城に

将軍家の権力の物凄さを感じました


f:id:wishhappiness:20170222162450j:image

庭園は池に石を配した書院造庭園で、

とても広々とした眺めでした

 

この後は、また地下鉄にのって植物園に行きました

ハウスに入ると湿気があり、たくさんの蘭の花が咲いていました


f:id:wishhappiness:20170224002354j:image


f:id:wishhappiness:20170224002420j:image


f:id:wishhappiness:20170224002626j:image

f:id:wishhappiness:20170224002442j:image

見たことがない熱帯地方の花もあって、色が鮮やかでした

この時期に咲くときいていた節分草を見ることができました

とても小さくて可愛らしい花でした

 

今日は本当に風もなく暖かいので、河川敷をのんびり歩きながらホテルに向かいました

 

ひとりごと

「おはよう」から「おやすみなさい」

までメールして、お疲れ様でしたと労うのが私の日課です

真夜中や早朝に来るお友だちのブログにコメントしたりもします

最近は毎日電話もらったり、私からかけたりもします

 

でも、ふっと、メールもラインも何もなくて着信は広告だけのときがあります

そんな夜にかぎって、見たいドラマもなくて

毎日くれる(かける)電話も済んでるし、

メル友さんも帰宅してるから、返事はこないだろうし

みんな、もう自分の時間(生活)を楽しんでいるんだろうな

なんか社交辞令みたい…

 

みんなにとって、メールはちょっとしたスキマを満たすものですか?

私にとっては何だろう?

私の存在価値を認めてくれるもの?

相手まかせなもの!

私が望んでもこないもの!

 

居留守が使えないから、電話に出たくないときもある

長電話も嫌いだし、

ラインが切れなくて困るし、

コメントも何てしたらいいのかわからなくて悩むこともしばしば

 
f:id:wishhappiness:20170201021627j:image

 でも、本当は、

そんなことしたいんじゃなくて、

あなたに必要とされたいです

 

一緒にいなくてもいいから、

一人で寂しいとき、

休みの日に、

何してるの? って、

自由に電話やメールができたらいいのにな

 


f:id:wishhappiness:20170206221602j:image

 

真っ赤な実がとても可愛いヒペリカム

お花屋さんで見かけるようになりました

 

 

 

 

 

 

 

婚活~ふたたび京都へ

七月に入って、彼からお誘いのメールが来ました

○○日暇なら、京都に来れる?

何で暇だとわかるんだろう(笑)

 

正午だというのに、京都市美術館は、たくさんの人が入っていました

 

彼の絵を見た後、清水道から三年坂を歩こうなんて…

後悔は後に来るものだけど、七月の京都は茹だる暑さでした!


f:id:wishhappiness:20170128001228j:image

それなのに観光客が多く、目についたのは浴衣姿の若い女性…

暑さを感じさせない風情に、清々しさを感じました(おばさんだって着てみたい笑)


f:id:wishhappiness:20170128001115j:image

久々に訪れた清水寺は、新緑と折り合って鮮やかな仁王門の紅が目を引き付けました

清水の舞台から市街を見下ろし、観音様に念じます

目を閉じ、手を合わせていると何処からか、涼しい風が吹いてきました

私の人生なんだから、杭の残らないように精一杯生きよう!

 

私たちは坂の途中で鹿鳴館を想わせる造りの喫茶店に入りました

落ち着いた雰囲気の室内には、たくさんの夢二の絵が飾られていました

二人でケーキセットを注文し、ほんのひととき外の煩わしさを忘れました

 

汗ばむ熱気に蒸せながら、ゆっくり歩き、

高台寺近くの公園で腰かけて一休みしたあと、ホテルに向かいました

少し、私たちも慣れてきたのかな?

ぎこちないところもあるけど、

一緒に食事を済ませ、お風呂に入り、TVを見ながらスイーツを食べました

 

 

二度目に会って思うことを書きとめます

あなたのブログに私が出てくることはありませんね

あなたは、一人では何処にも行けない私を連れ出して来れる人です

どうして一緒にサイトを辞めようといってくれないのか? 勇気を出して尋ねました

 

自分の将来が不透明だから、

先の話はしていない、

しばらくこのままでは駄目?

恋人同士みたいになりたいし、二人が会えるときに会いたい、

好きになったら、身も心も求めるけど、軽蔑する?

 

彼も一時的な安らぎを求めてるだけなんだろうな

今は楽しくて、つい、あなたの誘いについていってしまうけど、どんどん辛くなるのかもしれないね

先の見えない“幸せ”なんて、幸せなのかな?

楽しかったら良いのかな?