読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活~京都旅行(前)

 

f:id:wishhappiness:20161227225132j:image

GWにサイトに入って、メッセージをくれた人は、人なつっこい人だった

ちょっと興味もってくれて、有難う!

また、メールくれるかな?

というおねだりに、ちゃんと返事をしていた

私が足跡をつけたらしいのだけど思い出せずにいたら、その人はブログをやっていて、読んでみたら、絵を描いている人だった

あ、画家宣言してた人だ、と思い出した

 それから、毎朝、お昼休や仕事帰りにメールをくれた

私も毎日返事を返した

彼のメールは、絵文字が入っていて読みやすいから、馴れてる人だなぁと懸念してたら、

案の定、××さん、仕事?

と別の女性の名前があった!(>_<)

このサイトのクチコミにカケモチは、当たり前だと書いてたけど、本当だったんだとがっかりした

それなのに、なぜか、京都で個展をするといわれると、どんな絵を描くのか気になったから、不思議なもの´…

 

京都行きが決まると、

お寺巡りもしたくなって、一泊することになりました

彼の手際よさに押された感じかな?

京都駅で待合せし、バスターミナルで待っていると、タブレットを持った見覚えのある人が近づいて来ました

これから、御所へ行くと言ってバスに乗ったのに、目を大きく見開いておどけたと思ったら、

間違えたから、降りよう!

私たちは慌ててバスを降りました(笑)

結局、タクシーで予約し(てくれてい)たお店へ…

落ち着いた雰囲気のお店で、私たちはカウンター席に座り、出来たての料理を頂きました

 

車を駐車場に停め、歩いてすぐのところにギャラリーがありました

京都らしい佇まいの入り口を入ると、20点ばかり絵が飾られていました

アクリル絵の具なのに、油彩に見える不思議な絵を初めて見ました

風景画も好きだけど、彼の絵は、見ていると色んなイメージが湧いてきました

きっと、彼の想いが表現されているんだろうなと(勝手にそう)思って眺めていました

 

さて、夕方が近づいてきて

私がこのまま泊まろうか、帰ろうかと迷っていると…

 

帰したくないなぁ

…ポツリと呟く彼 (殺し文句だ!)

 

 良い人だと思ったから、京都行きを決めたんだもの…ながれに任せてみましょうか


f:id:wishhappiness:20161227225559j:image
 

6月の梅雨どき

南禅寺の池に薄桃色の睡蓮が咲いていました

綺麗な錦鯉が足元まで寄ってきました