読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初対面は突然に…


f:id:wishhappiness:20161216182501j:image

 

絵を習っていると作品発表会という厄介なものがあって、何がなんでも出品しなくてはいけない

絵もそこそこに、お喋りの多い私には、

2ヶ月後の合同作品展は、必死に頑張らないと出来そうにない

 

そう言えば、

△△さんも絵を描いていたはず、

ちょっと誘ってみようかな?(つい、出来心)

「嬉しいです。楽しみにしています!」

という返事がきた(え、マジか!)

話のネタに喋ってしまったけど、取り返しがつかない^_^;

下手くそだと笑われるかも!

それからというもの、

私は、真剣に頑張った(つもり)

そして、2週間前にやっと出来上がった

 

作品展の日程を確認し、彼から初日に見に行くとメールがきた

初対面なのだから、一応私の写メも送っておいた

 

だが、2日前になって、彼のお母さんが亡くなってしまった

行くのは難しくなった、2~3日は連絡も出来ないとメールがきた

仕方ないよね

お母さんが亡くなったんだから

これから大変なんだし

けっこう頑張ったんだけど、見てもらえないのか…

会わない方がいいってことなのかな…

 

作品展が始って3日目、何事もなく受付をしていた

夕方、彼からメールが届いた

「今、⚫⚫病院、昨日終わってから救急車で運ばれ、ICUにいる」

えぇ、どういうこと?

私は、いてもたってもいられなくなり、

受付が終わると車に飛び乗りました

ナビを見ながら、たどり着いたときには、

7時30分、面会時間は過ぎていました

ここまで来たんだから、行くだけ行ってみよう!

自分でも驚くほどでした

彼に着いたことをメールし、部屋を探し、

恐る恐る中を覗いていたら…

突然、後から名前を呼ばれました

「え!」(勢いよく振り返る)

声の主が後づさりした…

「そうだけど、もしかして△△さん?」

(その人が頷く)

よく、私がわかったね~

写メくれたからね

本当に来ると思わなかった…

大丈夫なの? 

どうして、歩いてるの?(*_*)

 

お互いに照れ笑いしながら、ちょっと緊張もしながら、話を始めました

私は、初めてだと思えないくらい

懐かしくて、嬉しくて、

ここが談話室だということを忘れて、

いつまでも笑っていました

 (ごめんなさい不謹慎でした)