読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロローグ~メール依存症 その2

私は寂しさを粉らわせるため、性懲りもなく別のサイトでブログを書き始めた

お友だちが出来て、コメントのやりとりをするのが毎日の日課になっていた

登録をしてすぐ、たくさんのメールが届いた

その中に、明らかに名字だと思われるベンネームで、あなたと末長くメールをしたい、と書かれたメールがあった

クソ真面目そうで吹き出してしまった

(私のこと何ひとつ、わかってないだろうに…)

これくらいのきっかけで、その人とメールが始まったように思う

毎朝、出勤前に車中からメールをしているらしい、危ないのに移動中や、仕事が一段落つくとメールをくれた

私も「今日は、暑いね」「気をつけてね」「早くて良かったね」「お疲れ様!」

こんなやり取りをしていただけなんだけど、お互い気遣いも感じられて、一日穏やに過ごせた

始めて1ヶ月ぐらい過ぎた頃だろうか、いつもの朝の連絡が入らず、私は不安でしょうがなかった

何故なら、前日の夕方に調子が悪いとメールがあったからだ

「あぁ、何てことだろう!」

自分でも分かってないうちに、メール相手を肉親のように思っていたんだ

ということに気づいた

顔を見たこともない相手だというのに

案の定、調子が悪くて、病院へ行くと連絡が来た「大丈夫?」不安は消えなかったけど、メールをみて落ちついた

そして、昼前に病院から、

良くなったとメールがあった
あなたにこんな話をしたということは、

あなたを気に入ってるからで、そうでなかったら、言わなかったと思う

メールが出来ないとこんなに辛いのか

と書かれていた

そっか、向こうも私と同じで

メール依存症になってるんだな(笑)

 



f:id:wishhappiness:20161104202739j:image


△△さんへ、

もうしばらく、

こんな色気のないメールだけど、

私とお付き合いくださいね!