読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え、あの某投手のおばあちゃん?!

お弁当の配達のアルバイトを始めて数が月経ちました

私は体力仕事だと知らず、この夏は暑さと汗疹に苦しみました(笑)

ようやく、秋になって気候も穏やかになり、お客さまにも覚えてもらって笑顔の毎日です

 

数日前のこと、玄関を入ると、カーテンを開けて覗くおばあちゃんがいました

窓に顔を近づけてみると入ってきてほしいと言ってる様子

何やら大変そうなので、急いで裏口から中へ入ると、おばあちゃんは、足が痺れていて、動けないらしい

私は、必死で抱き抱え、ソファに乗せてあげました

(ふぅ~)

拭いても汗が吹き出します

そんな私をよそに、

おばあちゃんは安心したのか、

遠慮せんと、まぁ、ジュースでも飲んでき~

いえ、仕事中ですから…

と断ったら、今度は、世間話を始めました

そして、このおばあちゃんは、

〇〇君のおばあちゃんなんだそう…

(ふ~ん、え?!)

そういえば、

いっぱい野球選手の写真が飾られています

よく、見てみると (ジーッ)

え!  これは、〇〇投手やないの?

え~、〇〇投手のおばあちゃんなんですか~

驚いて大声をあげてしまいました

( あ、しまった~^_^;)

 

すると今度は、

孫の〇〇投手の話が…  (うぇ~ん)

 

f:id:wishhappiness:20161028221608j:image

 

 はぁ~、疲れましたぁ!