婚活~ふたたび京都へ

七月に入って、彼からお誘いのメールが来ました

○○日暇なら、京都に来れる?

何で暇だとわかるんだろう(笑)

 

正午だというのに、京都市美術館は、たくさんの人が入っていました

 

彼の絵を見た後、清水道から三年坂を歩こうなんて…

後悔は後に来るものだけど、七月の京都は茹だる暑さでした!


f:id:wishhappiness:20170128001228j:image

それなのに観光客が多く、目についたのは浴衣姿の若い女性…

暑さを感じさせない風情に、清々しさを感じました(おばさんだって着てみたい笑)


f:id:wishhappiness:20170128001115j:image

久々に訪れた清水寺は、新緑と折り合って鮮やかな仁王門の紅が目を引き付けました

清水の舞台から市街を見下ろし、観音様に念じます

目を閉じ、手を合わせていると何処からか、涼しい風が吹いてきました

私の人生なんだから、杭の残らないように精一杯生きよう!

 

私たちは坂の途中で鹿鳴館を想わせる造りの喫茶店に入りました

落ち着いた雰囲気の室内には、たくさんの夢二の絵が飾られていました

二人でケーキセットを注文し、ほんのひととき外の煩わしさを忘れました

 

汗ばむ熱気に蒸せながら、ゆっくり歩き、

高台寺近くの公園で腰かけて一休みしたあと、ホテルに向かいました

少し、私たちも慣れてきたのかな?

ぎこちないところもあるけど、

一緒に食事を済ませ、お風呂に入り、TVを見ながらスイーツを食べました

 

 

二度目に会って思うことを書きとめます

あなたのブログに私が出てくることはありませんね

あなたは、一人では何処にも行けない私を連れ出して来れる人です

どうして一緒にサイトを辞めようといってくれないのか? 勇気を出して尋ねました

 

自分の将来が不透明だから、

先の話はしていない、

しばらくこのままでは駄目?

恋人同士みたいになりたいし、二人が会えるときに会いたい、

好きになったら、身も心も求めるけど、軽蔑する?

 

彼も一時的な安らぎを求めてるだけなんだろうな

今は楽しくて、つい、あなたの誘いについていってしまうけど、どんどん辛くなるのかもしれないね

先の見えない“幸せ”なんて、幸せなのかな?

楽しかったら良いのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小野市の古刹浄土寺から西の比叡山圓教寺へ

友人のすすめで、大きな阿弥陀三尊が祀られている小野市の古刹、浄土寺に行きました


f:id:wishhappiness:20170117210741j:image

何処かひなびた境内には、人も疎らで静かでした

そのはず、残念なことに大晦日と元旦はお休みでした(>_<)

三尊を囲むようにお堂(国宝)が建てられていて、西日が反射して仏様が輝くと言われています

私は、諦めきれず、縁側に昇り、窓からお顔を拝見しました

右側と後ろから、仏様の後ろ姿と垂直に立った曇のしっぽを見ることができました

友人は驚いていたけど、整った綺麗なお顔を見ることが出来て満足でした

私は、縁側に昇ったものの高くて降りられず下ろしてもらいました

 

お昼過ぎになっていたので、

途中、はま寿司で昼食を済ませ、ふたたび姫路方面へ向かいました

西の比叡山と呼ばれる天台宗圓教寺へは、

書写山ロープウェイに乗りました


f:id:wishhappiness:20170117210708j:image

登るにつれ、瀬戸内の海が現れ、夜景も綺麗だと思います

山頂駅からは、自然歩道になっていて、かなりキツい山道でした

私は、ふうふう言いながら、30分以上かけて登り、やっと摩尼殿に着きました


f:id:wishhappiness:20170117211149j:image

お参りをして、杉の大木が並ぶ山道を大講堂まで歩きました


f:id:wishhappiness:20170117211244j:image

ここは、ラストサムライのシーンが撮られた場所です

食堂や奥の院を回っていると、道がなくなって迷ってしまったというハプニングもありましたが、無事ロープウェイ駅まで、たどり着きました

夕方になると、かなり冷え込んできたので、夜景は断念し、ホテルにいそぎました

 

今日一日、

かなり歩いたので、くたびれました (‥ふぅ)

 

 

 

 

 

 

お正月…お家も良いけど、ホテルもね!

私が、「一緒に初詣に行こう」と行ったので、友人が大晦日にビジネスホテルを予約してくれました

そこで、新年を二人一緒に迎えることになりました

この日は一日中歩いたので、クタクタです

浄土寺圓教寺にお参りしてきました

 

部屋に入るとベッドに腰掛け、TVをつけました

なかなか温まらず、寝そべっていると眠たくなってきて、二人で上着を脱いで温め合いました

一時間くらい過ぎて、夕食をとりにレストランに行きました

大晦日なのにとても賑やかでした

ブチお泊まりも良いものですね

夕食のメインは「カキフライ」です

ここ相生市は、カキが美味しいらしいのです

揚げたての熱々を頬張りました 

 

近くのラミーでお菓子と酎ハイを買い、部屋に戻ると紅白が始まっていました

しばらく紅白を見ながら、くつろぎました

そして、交代でお風呂に入って、ベッドに入りました

いつの間にか紅白は終盤になり、紅組が勝ちました

え、そうなの?

いきなり、行く年来る年に切り替わり、

あと、数分で新年です!

除夜の鐘聴こえるかな?

あ、蕎麦食べるのを忘れたね

なんて、思ってたら、ぐっすり寝入ってしまいました(笑)

 

目が覚めると、お隣さんは起きていて、

布団にもぐり込んできました 

私たちは朝風呂に入ってから、

プチおせちのついた朝食バイキングを食べ、お腹いっぱいになると身支度をして、ホテルを出ました

年明けの外の空気は、肌寒く風も冷たく感じましたが、気持ちの良い天気でした

 

初詣は赤穂の大石神社に行きました

忠臣蔵で有名なこの神社は、赤穂城跡が残る大石邸跡にあります

すでに多くの人がお参りしていて、

私は、可愛い大黒さまのおみくじを引きました

そして、今年の無事と家内安全をお願いしました


f:id:wishhappiness:20170111182304j:image

 

今更なのですが、

友人に言うタイミングがなくて(笑)

この場をおかりして

 

新年明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします(*^.^*)

 

 

 

婚活~京都旅行(後)





f:id:wishhappiness:20170103125717j:image

宿に着いてみると、急なこともあったけど、カップルズホテルなので驚きました

う~ん、この人いい人なの?悪い人なの?

 

部屋に入って、コーヒーを飲もうとお湯を沸かしていたら、突然、停電(!)

何?

慌てて窓を開け、フロントに電話する彼(笑)

アタフタするのが、私たちにはお似合いみたい

彼がニコニコしながら、寄って来ていたのに…

 

軽く食事を済ませ、TVを見ていたら、急に抱っこされ、ベッドに運ばれました

大人しそうな彼から想像出来ませんでした

汗をかいたままだったので、

お風呂に入っていい?と聞くと、

すぐ彼は裸になり、私の衣服も万歳させて、脱がしてしまいました

嫌がってる暇もなく、二人で湯船に浸かりました

私は、恥ずかしくて、彼の顔を見れませんでした

熱い湯にのぼせたのと、ドキドキしていたので、そのときのことは良く覚えていませんが、ハグされたままじっとしていました

その後、彼のリードのままベッドで抱き合っていました

 

男の人を忘れていたのに、女として求められる嬉しさを思い出してしまいました

初夏の京都の夜も彼のことも、きっと忘れられないでしょうね



f:id:wishhappiness:20170103125647j:image


 

婚活~京都旅行(前)

 

f:id:wishhappiness:20161227225132j:image

GWにサイトに入って、メッセージをくれた人は、人なつっこい人だった

ちょっと興味もってくれて、有難う!

また、メールくれるかな?

というおねだりに、ちゃんと返事をしていた

私が足跡をつけたらしいのだけど思い出せずにいたら、その人はブログをやっていて、読んでみたら、絵を描いている人だった

あ、画家宣言してた人だ、と思い出した

 それから、毎朝、お昼休や仕事帰りにメールをくれた

私も毎日返事を返した

彼のメールは、絵文字が入っていて読みやすいから、馴れてる人だなぁと懸念してたら、

案の定、××さん、仕事?

と別の女性の名前があった!(>_<)

このサイトのクチコミにカケモチは、当たり前だと書いてたけど、本当だったんだとがっかりした

それなのに、なぜか、京都で個展をするといわれると、どんな絵を描くのか気になったから、不思議なもの´…

 

京都行きが決まると、

お寺巡りもしたくなって、一泊することになりました

彼の手際よさに押された感じかな?

京都駅で待合せし、バスターミナルで待っていると、タブレットを持った見覚えのある人が近づいて来ました

これから、御所へ行くと言ってバスに乗ったのに、目を大きく見開いておどけたと思ったら、

間違えたから、降りよう!

私たちは慌ててバスを降りました(笑)

結局、タクシーで予約し(てくれてい)たお店へ…

落ち着いた雰囲気のお店で、私たちはカウンター席に座り、出来たての料理を頂きました

 

車を駐車場に停め、歩いてすぐのところにギャラリーがありました

京都らしい佇まいの入り口を入ると、20点ばかり絵が飾られていました

アクリル絵の具なのに、油彩に見える不思議な絵を初めて見ました

風景画も好きだけど、彼の絵は、見ていると色んなイメージが湧いてきました

きっと、彼の想いが表現されているんだろうなと(勝手にそう)思って眺めていました

 

さて、夕方が近づいてきて

私がこのまま泊まろうか、帰ろうかと迷っていると…

 

帰したくないなぁ

…ポツリと呟く彼 (殺し文句だ!)

 

 良い人だと思ったから、京都行きを決めたんだもの…ながれに任せてみましょうか


f:id:wishhappiness:20161227225559j:image
 

6月の梅雨どき

南禅寺の池に薄桃色の睡蓮が咲いていました

綺麗な錦鯉が足元まで寄ってきました

 

 

 

初対面は突然に…


f:id:wishhappiness:20161216182501j:image

 

絵を習っていると作品発表会という厄介なものがあって、何がなんでも出品しなくてはいけない

絵もそこそこに、お喋りの多い私には、

2ヶ月後の合同作品展は、必死に頑張らないと出来そうにない

 

そう言えば、

△△さんも絵を描いていたはず、

ちょっと誘ってみようかな?(つい、出来心)

「嬉しいです。楽しみにしています!」

という返事がきた(え、マジか!)

話のネタに喋ってしまったけど、取り返しがつかない^_^;

下手くそだと笑われるかも!

それからというもの、

私は、真剣に頑張った(つもり)

そして、2週間前にやっと出来上がった

 

作品展の日程を確認し、彼から初日に見に行くとメールがきた

初対面なのだから、一応私の写メも送っておいた

 

だが、2日前になって、彼のお母さんが亡くなってしまった

行くのは難しくなった、2~3日は連絡も出来ないとメールがきた

仕方ないよね

お母さんが亡くなったんだから

これから大変なんだし

けっこう頑張ったんだけど、見てもらえないのか…

会わない方がいいってことなのかな…

 

作品展が始って3日目、何事もなく受付をしていた

夕方、彼からメールが届いた

「今、⚫⚫病院、昨日終わってから救急車で運ばれ、ICUにいる」

えぇ、どういうこと?

私は、いてもたってもいられなくなり、

受付が終わると車に飛び乗りました

ナビを見ながら、たどり着いたときには、

7時30分、面会時間は過ぎていました

ここまで来たんだから、行くだけ行ってみよう!

自分でも驚くほどでした

彼に着いたことをメールし、部屋を探し、

恐る恐る中を覗いていたら…

突然、後から名前を呼ばれました

「え!」(勢いよく振り返る)

声の主が後づさりした…

「そうだけど、もしかして△△さん?」

(その人が頷く)

よく、私がわかったね~

写メくれたからね

本当に来ると思わなかった…

大丈夫なの? 

どうして、歩いてるの?(*_*)

 

お互いに照れ笑いしながら、ちょっと緊張もしながら、話を始めました

私は、初めてだと思えないくらい

懐かしくて、嬉しくて、

ここが談話室だということを忘れて、

いつまでも笑っていました

 (ごめんなさい不謹慎でした)

 

 

 

 

 

 

 

神戸ルミナリエは夜空に輝いて


f:id:wishhappiness:20161209230758j:image

12月になり、今年もあと少し、街中がイルミネーションで綺麗です

△△さんから、

今日からルミナリエ、一緒に行く?

という冗談かなと思えそうなメールが来ました

うん、見たことないから行ってみたいな

とつい、答えてしまいました

すると、夕方迎えに行くよ!

と返事が来ました

えぇ!(*_*)

突然、本当にデートになってしまいました

 

今年のルミナリエは、11日(日)まで、

土日は人が多いので、平日の夕方から出掛けることになりました

彼は私の家の近くまで迎えに来てくれて、

神戸方面に向かいました

疲れているのに、ごめんなさいね

夏頃から仕事先にちょくちょく寄って、

アイスを食べながら、立ち話するぐらいだったけど、

こんなに長い時間一緒にいるのも、

車に乗せてもらうのも初めてだから、

ちょっと緊張します

彼もそうなのかな?

と思ったら、手を繋いできたから、

ドキドキしちゃった!?

片手運転は危ないのにね…

渋滞もあって、1時間半の道程もおしゃべりしてアッという間でした

 

平日なのに、百貨店の前を大勢の人がゆっくりと並んで歩いています


f:id:wishhappiness:20161209224043j:image 

街路樹もLEDで、おめかしされていて、とてもいい感じです


f:id:wishhappiness:20170107193511j:image

f:id:wishhappiness:20170107193529j:image
 商店街は綺麗なステンドグラスのように浮かび上がって、讚美歌のメロディーが流れる中、その真下を進みます


f:id:wishhappiness:20170107193835j:image


f:id:wishhappiness:20170107193907j:image

色鮮やかなLEDの粒は、冷たく澄んだ夜空に輝いています

「うわー、綺麗!」

思わず、歓声が‥ため息が漏れます

私は、スマホを頭にかざして、何枚も写真を撮りました

彼は、背後からブレないように私の両腕を支えてくれました

逞しい彼の腕と温もりを感じながら、荘厳なパノラマに感動した夜でした

 

人混みで、はぐれないように、そっと手を繋いでくれた彼の優しさが嬉しかったです

△△さん、貴方と来れて良かったです

良い思い出を有難うございます!